スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいピザ屋 4月12日

カトマンズに帰って来たので、ファイアー&アイスというネパールで最もおいしいピザとパスタのお店に行った。
ここは、カトマンズに来るたびに来るお店だ。

6年前からまったく変わっていない。
Mr.ビーン似の店員もいる。

昔来た場所というのは、たいてい変わっていて、
「あー、昔、ここは○○だったのになあー」という台詞をつぶやいては、懐かしがるものなのだが、ここはまったく変わらないから、タイムスリップした気分になる。

13kanpai.jpg
久々にビールとワインで乾杯
スポンサーサイト

カトマンズへ帰る途中に嵐に遭う 4月12日

下山したその日、大変ラッキーなことにカトマンズ行きのバスがたまたまあった。
僕たちは、そのバスに乗って、予定より1日早く、カトマンズに帰ることになった。
その途中、嵐に遭った。

山道を走っているうちに雲行きが怪しくなり、そして、風が吹き荒れ始めた
そして、石垣島の台風のような突風がバスを襲った。
バスの前方では、小さな小屋が倒れ、突風によって舞い上がった砂煙によって前後左右が見えなくなってしまった。

バスは道に止まったまま、しばらく、その突風が過ぎ去るのを待った。

風が収まり少し視界が開けたところで、バスはノロノロと走りはじめる。
道端の木に突風に飛ばされないようしがみついていた親子がいた。

自然とはかくも恐ろしいものかと思い知った嵐との遭遇だった。

08bus.jpg
バスが急に止まったらそこはトイレ休憩の場所


09storm.jpg
突然の嵐にびっくり!


10after.jpg
嵐の後の静けさ


11sunset.jpg
そしてきれいな夕焼け

ランタン谷トレッキングについて 4月12日

ランタン谷のトレッキングはオススメだ。

わずか、7日間でヒマラヤの懐まで行って帰ってくることができる。
しかも、天気が良ければ、初日から最終日まで、ヒマラヤの雄大な姿を見ながらのトレッキングだ。
エベレストやアンナプルナのトレッキングに比べ、高度もさほどないから楽だ。

11日間の休みがとれれば、勤め人でも行くことができる。
強くオススメしたい場所だ。

映子、ツッコミをいれる(映子とガイドの愛憎劇 第四部) 4月12日

映子はガイドのスマンにストレートに尋ねた。
「ガイドのライセンス持っているの?」
「持っているよ」
「見せて」
「ここにはない」
「私も同じようなライセンス(ツアーコンダクターのライセンス)を持っていて、ツアーの時はいつも持っていなきゃいけないんだよ」

そして、さらにツッコミをいれた。
「ガイドのライセンスをとるために何を勉強したの?それは難しいの?」
「ロッククライミング」
「じゃあ、ガイドとしてロッククラミングできるの?」
「いや、できない・・・」

その後、スマンはこう言った。
「ガイドにはA、B、Cの3つのグレードがあるんだ」
「じゃあ、あなたは、どのグレードなの?」
ツッコミをいれる映子。
「B」

スマンはそう答えた後につづけた。
「僕はまだ知らないことがあるから、多分B」
「・・・」(多分て何だよ。BならBだろ!)
心の中でさらにツッコミを入れていた映子であった。
(愛憎劇おわり)

06aizo.jpg
この人についていっていいのか?


07goal.jpg
と思いながらも仲良くゴール!)

トレッキングレポート7日目 4月12日

レポートはこちら
ランタントレッキングレポート08

01porter.jpg
重い荷物を背負って歩くおじさん 


02tired.jpg
森の中を歩くのもいい加減疲れたよ


03blue.jpg
でも今日はいい天気!


04river2.jpg
きれいな流れに沿って歩く


05marifana.jpg
そこここに自生するマリファナ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。