スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の連載7話 愛すべきネパール (前篇)

カトマンズの飛行場を発って、うねうねと隆起の連なるネパールの地の向こうにヒマラヤの神々しい姿を見たとき、僕は泣いてしまいそうなほど切ない気持ちでいっぱいだった。

13年前、初めてこの国を旅し、そして立ち去った時の気持ちはずっと忘れないでいる。



そして、僕はその大好きな国に妻とふたりで戻ってきた。


ネパールという国はすべてを受けいれる国、そんな印象を受ける。

インドと中国いう大国にはさまれ、ヒンズー教と仏教が奇跡的なバランスで共存するネパール。
その調和と包容の力はこの国の人々の接し方にも顕れている。

フレンドリーで適度に馴れ馴れしい。
上手に相手との間合いをはかりながら、やさしく踏み込んでくる。

 「チャイをごちそうしたい」

お土産屋の店頭で品物を見ているとよく言われる言葉だ。


 「ネパールははじめて?」

 「日本ではどんな仕事をしていたの?」

 「兄弟は何人?」

 「ネパールは好き?」

そんな質問からはじまり、ネパール情勢や景気の話など、世間話に花が咲く。
たくさん話はするが、あまりセールスめいたことは言わない。

「もし気に入ったら買ってくれたらいい」

そう言って、さわやかに別れる。


これが、インドだったら、
「どうやってこの物売りから逃げようか」と懸命に思案するところだ。(つづく)


カトマンズ
カトマンズを象徴する寺院

P4090101.jpg
ネパールの子供たちに折り鶴をプレゼント




コメント

まるえ若っ!?

No title

そりゃ、8年前だもの。まだ20代だし。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。